ドッグフード評判ランキング情報室~愛犬安心!おすすめエサ選び






ドッグフード評判ランキング

我が家の愛犬 長生きの秘訣は【ドッグフード】


愛犬の写真 我が家の愛犬・ダイ君とは、なんと、
19年も一緒に過ごすことができました


残念ながら、去年亡くなってしまったのですが、
わたしの人生は半分以上、
ダイ君と一緒に過ごしたのです。



元々飼っていた母犬がダイ君を産んで
実は、最初はとても病気がちで弱々しい犬でした。


だからこそ、愛犬が食べるドッグフードに
とにかく気を配った
んです。



事実、調べてみると、市販のドッグフードには
4Dミートと呼ばれる、死んだ動物の肉や廃棄肉
など

人間が絶対口にしないような
肉が使われている
んです!!



中には、鳥をそのまま…
羽も口ばしも全部を砕いて、

「肉」としてドッグフードに
混ぜ込んでいることもあるんですって。


(ちなみに、そういうドッグフードは
水につけておくと数時間で
羽や骨の破片が浮いてくる
そうですよ!)



安価でドッグフードを販売するために、
こういう「まともでない肉」が使われているんです。


食べるに値しないものを、
あなたの大切なワンちゃんに与えられますか??




愛犬 そんなドッグフードを食べ続けると
犬は病気になったり、
痩せ細ったり、アレルギーがちになったり




節約のつもりで安い
ドッグフードを与え続けると、

愛犬は病気になって、
逆に病院代・薬代もかかってしまいます



もちろん、長生きなんてとてもできません!


大切な愛犬のためにも、
こういった危険なドッグフードではなく

安心して食べてもらえる
ドッグフードを選びませんか?




そこで、私は、このサイトを立ち上げました。


このサイトでは、わたしが実際に獣医さんに聞いた
正しいドッグフードの選び方を紹介
します。




獣医さんが勧める!正しいドッグフードの選び方


実際に獣医さんが教えてくれた
愛犬の病気を防ぎ、健康を維持するための

ドッグフード選びのポイントはいかの3点です。


① 成分表示に「ミートミール」があれば絶対避ける

ドッグフードを選ぶとき、
まずは成分表をチェックします。

そこに「ミートミール」「肉の副産物」「家禽副産物粉」という
表示があるドッグフードは
絶対に選んではいけません


これらが、先ほど紹介した、
人間が絶対食べない肉を
粉砕して粉上にしたものの総称です。


例えば、安楽死させられたペット、
病気にかかった動物園の動物、
路上で引かれた動物、

他にも、スーパーなどで
廃棄された肉などもこれに含まれます。


しかも、恐ろしいことに、
使われているのは肉だけではないんです。


腫瘍ができた動物の骨、毛、羽、内臓、
ひどいときには糞尿までも
含まれている可能性が
ほとんど!!


これらの写真は、ホームセンターなどで実際に売られている
市販のドッグフードの成分表です。

ドッグフード ペットフード

しっかり「ミートミール」「家禽ミール」という文字が表示されていますね。

こんなひどい食べ物を、
あなたは愛犬に食べさせますか?



② 賞味期限が長すぎるドッグフードは危険!

賞味期限が長すぎる
ドッグフードは選んではいけません


ドッグフード
それは、添加物がたっぷり使われている証拠です。


添加物は、人間だけでなく
ワンちゃんの健康にも悪影響を与えます。


以下に紹介する添加物は、
ドッグフードによく使われている
特に危険なものです。


これらの添加物が
使われていないドッグフードを選びましょう。


エトキシン
(防腐剤)
殺虫剤や除草剤として使われている猛毒性のある添加物

ベトナム戦争のときには、枯葉剤として使われていました。
日本では、食品添加物としてはもちろん、
農薬としても使用が禁止
されています。

【要注意!】
エトキシンは、ラベル表示する義務がありません。
ですので、成分表にない=エトキシンを使っている可能性が大

逆に、エトキシンを使っていないドッグフードには
「エトキシン不使用」などの表示があります。
・BHD(ブチルヒドロキシアニソール)

・BHT(ジブチルヒドロエキシトルエン)
いずれも防腐剤
ドッグフードに含まれている脂質の酸化を防ぐ添加物です。
これらが含まれてると、永久保存できるほど
強い作用のある防腐剤


発がん性物質の恐れもあり、摂取はおすすめできません。



③ 穀物不使用のドッグフードを選びましょう

市販のドッグフードには、「穀類」も多く使われています。

ドッグフード成分表示に「焼きトウモロコシ」「コーングルテン粉」
「グルテン」「小麦粉」とある
ドッグフードは避けましょう。


これらの成分は、ドッグフードの
かさ増しに使われているだけで
栄養分はほとんどありません




それに、犬には穀物を消化する力がなく、
穀物を継続的に与え続けていくと
消化器系や内臓の異常、皮膚の病気、
アレルギーなどの原因に
なってしまいます。


愛犬の病気を引き起こす成分です。
できるだけ避けるようにしましょう。



えがおの犬
【まとめ】

① 成分表示に「肉の副産物」があれば絶対避ける!

賞味期限が長すぎるドッグフードは危険!

穀物不使用のドッグフードを選びましょう





獣医さん推奨 評判の良いドッグフードランキング




1位 カナガン チキン ドッグフード

肉副産物不使用 穀物不使用 無添加

カナガン
獣医も推薦!人間も食べられる安全性
高品質で愛犬も大満足のドッグフード


通販専用のドッグフードです。
広告費をかけない分、高品質でもリーズナブル!

人間が食べるものを中心に、ナチュラルで
安全な原材料のみ
で作られています。

穀物不使用で、肉類は安全
チキン・さつまいもなどが配合。
更に、犬に必要な栄養を、ハーブなどでしっかり補っています。

低炭水化物なので、脂肪も付きにくいのも特徴。
消化も良いので、毛並みつややか・うんちも健康になると、愛用者から大評判です!

対応犬種 全犬種・全ライフステージ対応
原産国 イギリス
主な成分 チキン(生肉)、サツマイモ、海藻、
ハーブ(マリーゴールド・クランベリー・カモミール)
賞味期間 常温・未開封で12か月
その他 国際規格SAL GLOBAL ランクA取得
専門家による犬の健康アドバイス
定期コースで最大20%OFF


※類似品が出回っていますが、
正規品はこちらのサイトでのみ販売中です。

 >>カナガン ドッグフード正規品取扱いサイトはこちら


【カナガンドッグフード ココがすごい!】

カナガンドッグフードには、
すべてのパッケージにシリアル番号がついています。


これによって、全パッケージの原材料・生産日を完全に記録し、
また、生産時には必ずサンプルがとられ
12か月間保管されているんです。


このように、徹底した安全管理のもと、
最後の最後まで品質に問題がないか、細心の注意を払い、
愛犬の健康を応援してくれるドッグフードです。



【カナガン 愛用者に聞いてみました】

ポイント
  • すごく食いつきがよく、以前より元気になった気がします。

  • ドッグフードは小粒サイズなので、小型犬でもOK!とてもおいしそうに食べています。

  • カナガンを食べ始めて、毛並みがよくなり、とてもつややかになりました。

  • うんちの形もよく、匂いも気にならなくなったので、驚いています。

  • 散歩に行ってもすぐ疲れてしまっていましたが
    カナガンを食べ始めて毎日元気いっぱいに!

  • 今まで便秘がちでしたが、うんちがすごく良く出るようになりました。


カナガン公式サイトはこちら





2位 ナチュラルドッグフード ラム

肉副産物不使用 穀物不使用 無添加

ナチュラルドッグフード
アレルギーになる原材料は不使用!
ユーザーから評判のドッグフード


ナチュラルドッグフードラムは 人間が食べられるほど、高品質なラム肉を使用。
チキンアレルギーのワンちゃんも安心です。

また、小麦やトウモロコシだけでなく
乳製品、大豆、牛肉、豚肉など
アレルギーになりやすい原材料は不使用!

保存料・着色料などの添加物も不使用で
犬の健康を考えたドッグフードです。

消化吸収もよいので、健康的な「うんち」が出ると
口コミでも評判に!


 >>ナチュラルドッグフードラム 正規品取扱いサイトはこちら

対応犬種 全犬種・7か月目~対応
原産国 イギリス
主な成分 ラム肉(乾燥・生肉)、玄米、全粒オーツ麦 など
賞味期間 常温・未開封で12か月
その他 国際規格SAL GLOBAL ランクA取得
ラム肉ベースでアレルギーも安心


ナチュラルドッグフード公式サイトはこちら





3位 FINEPET’S

肉副産物不使用 穀物不使用 無添加

FINEPETS
原材料の産地にまでこだわった
安全性の高い無添加ドッグフード


FINEPET’Sは、
原材料の羊肉や鶏肉の産地だけでなく、
(※中国産は使ってないんですって!)

それらに与えるエサにも徹底的にこだわった
安全性の高いドッグフードです。


主原料はアレルギーの原因になりにくいラム肉。 また、防腐剤の代わりに、
天然由来のビタミンが使われています。


 >>FINE PET’S ドッグフード正規品取扱いサイトはこちら

対応犬種 全犬種・全ライフステージ対応
原産国 オーストラリア
主な成分 ラム肉、鶏肉、鮭肉、オートミール など
賞味期間 (確認中)
その他 放射能検査済み
ラム肉ベースでアレルギーも安心


FINE PET'S公式サイトはこちら