ドッグフード評判ランキング情報室







子犬、シニア犬、肥満犬にはどんなドッグフードがおすすめ?


犬も人間と同じように、
年齢や体格などによって
必要な栄養量が違います。

子犬

その為、ドックフードもたくさんの種類があり、
年齢や体格用に様々な
ラインナップが用意されています




その際、愛犬の年齢や体格による
必要な栄養素を知っておくことで、
より適したドックフードを与える事が出来ます。




子犬に必要な成分とおすすめドッグフード


子犬である期間は、
生後から1年までの間
です。


たった一年で成犬に成長するため、
子犬である期間の栄養は、非常に重要になります。



子犬に必要な栄養は、
成犬時の約2倍必要
となり、

子犬の間に栄養不足に陥ると、
骨格や筋肉の形成がスムーズに
行れなくなるため、注意が必要です。


栄養をしっかり取るために
子犬用のドックフードは、

成犬用に比べると、
タンパク質やカロリーが高く設計
されています。



AAFCO(=(全米飼料検査官協会)の基準として、
子犬用フードの最低タンパク質率は
22%
とされています。


ですので、タンパク質が22%以上入っている
ドックフードを選びましょう。




シニア犬におすすめのドッグフードは?


子犬から成犬に成長し、
犬も人間と同じように年老いていきます。


犬も加齢と共に基礎代謝が低下するため、
必要とするカロリー量も減少
します。



そのため、シニア用のドックフードは
成犬用と比べると、

カロリーや脂肪が
抑えられているものがおすすめ
です。


ただ、愛犬が適正体重よりも軽い場合は
子犬用のフードを与えるなどして、

体重を増やしてあげる事が
必要な場合もあるので注意が必要です。


ドッグフード
また、シニア用ドックフードの中には、
便秘対策として繊維質が入っているもの、
腎疾患対策としてリンとカルシウムが入っているもの、

関節の疾患用にグルコサミン等が
配合されているものなどがあります。



愛犬の状態に合わせて
ドッグフードの選択を行いましょう。




肥満犬におススメのドッグフードの選び方


寝ている犬 犬は、カロリーオーバーによって
肥満になります。


犬も肥満となると
心臓病や肝臓病等の
病気になる可能性が高く
なります。


その為、肥満犬用のドックフードは
低カロリーのものや、低脂肪の
ドッグフード
が用意されています。



満腹度を高めるために、
繊維質が含まれている物もあるので、
愛犬が食べたりなさそうと思うのであれば、
そういったドッグフードを選択してあげましょう。