ドッグフード評判ランキング情報室







ドッグフードの正しい保存方法


犬 ドッグフードは食べ物です。

保存方法を間違ってしまうと、
最悪、愛犬の命の危険にも繋がります。



ですので、正しい保存方法で
ドッグフードを管理をしてあげましょう。




ドライタイプのドッグフードの保存方法


まずはドライタイプのドッグフードの保存方法ですが、

ドッグフード 開封後は、その度に袋を密閉し、
高温多湿と直射日光を避けて、
常温で保存
しましょう。



密閉出来ないタイプの袋だった場合は、
開封直後に真空パック等に移しかえる事で、
長期間の保管が出来るようになります。



経済的な理由で、大容量入りタイプのドッグフードを
購入される方も多いと思います。

しかし、愛犬が食べ終わる前に
ドッグフードが駄目になってしまったら
元も子もありません。


もちろん、ウェットタイプに比べると
日持ちはするのですが、
食べ物ですので限界もあります。



愛犬に安全に食事をしてもらう為にも、
食べきれる量のドッグフードを
買い足して行くのが良い方法
であると言えます。




ウェットタイプのドッグフードの保存方法


缶入りのドッグフード次に、ウェットタイプのドッグフードの保存方法ですが、
これらは缶詰や袋に入っている場合が多いです。


消費期限が違う場合もある為、
注意が必要であるものの、

基本的には一般の缶詰やレトルト食品と
同じように保管しておけば良いとされています。



ウェットタイプのドッグフードは
開封後は、真空パック等に移しかえて
冷蔵庫にて保管するのがおすすめ
です。


ドライタイプと比べると、
ウェットタイプのドッグフードは
いたみやすいので
迅速に移し替えるように注意しておきましょう。



また、冷蔵で保管してあるといっても
長期間保管できるわけではありません。



ドッグフードは、犬が食べる食べ物です。


開封後は、私たちが食べる
一般的な食品と同じような感覚をもつ事!



安心して愛犬に食事を
摂らせてあげられるように、
ドッグフードの保存方法には
細心の注意を払いましょう。