ドッグフード評判ランキング情報室







ドッグフードの種類 ドライフードとウェットフードの違いとは


愛犬に与えるドッグフードには、
乾燥されたドライフードと
水分を含んだウェットフードがあります。



ドライタイプのドッグフードのメリット・デメリット


ドッグフード ドライフードは水分が10%以下程度少なく、
その他のドッグフードと比べると
栄養バランスの取れたドッグフードです。



乾燥されている為、長期保存が出来ますし、
値段も安く家計を圧迫しないフードであると言えます。



また、ドライフードは硬めである為、
しっかりと噛んで食事を行う事になります。


その結果、アゴを鍛えられますし、
歯石の除去をする事が出来る
面でも優れている
ドッグフードと言えるでしょう。



犬にとって必要な栄養と成長の関係上、
犬の年齢毎に必要となる
栄養量が変わりますので、

その都度合ったドライフードを
選択する必要があります。



ただし、ウェットフードに比べると
水分含有量が少ないため、
十分な水分を与えてあげましょう





ウェットタイプのドッグフードのメリット・デメリット


犬 ウェットフードは水分を75%程度と多く含み、
肉や魚など素材そのものを
生かしている為、嗜好性が高いドッグフードです。


また、食べることで
水分を補給出来るドッグフードなので

食欲の落ちている愛犬などでも
食が進むと好まれる
ことも。



ウェットタイプのドッグフードは
缶詰や袋等に一つ一つ
梱包されている場合が多いため、
衛生面でも安心できます。


さらに、柔らかいフードである為、
ケガや老齢などで
噛む力が弱くなってきている場合にも
食べやすいドッグフード
です。



ただし、ドライフードに比べると、
値段が高くなるため注意が必要です。


さらに、ウェットタイプのドッグフードは
賞味期限や保存に問題があるため

保存料などの添加物が
多く使われている傾向が
あり、
当サイトではあまりおすすめしていません。



特に、半生タイプのドッグフードは
ペットの専門家も
「市販のペットフードの中でも一番危険」
と訴えるほど!



愛犬の健康のためにも、
なるべくウェットタイプの
ドッグフードは避けるように
しましょう。



このように、ドライフード・ウェットフードには
両者共に長所と短所があります。


栄養や年齢などを踏まえた上で、
あなたの愛犬に最適なドッグフードを
選んであげることが重要です。