ドッグフード評判ランキング情報室







注意するべきドッグフードの原材料 危険なドッグフードの見分け方


危険なドッグフードを見分ける為には、
まず、パッケージ裏にある原材料に着目しましょう。


ドッグフードは、多く含まれる
原材料の順に記載
されています。


ほとんどのドッグフードは、
肉類、穀物類、野菜類、ビタミン類、保存料の順に並んでいます。




まずは、成分表の「保存料」をチェックしましょう


その中で一番先に
見なければいけないのは保存料の項目です。


ここで、気を付けるべき保存料は


【注意するべきドッグフードの保存料】

  • ソルビン酸カリウム等の保存料
  • 赤102等の着色料
  • BHA等の酸化防止剤

このような保存料が、
成分表に記載されているドッグフードは、
選ばない方が無難です。



というのも、愛犬の食事に
最も悪影響なのは化学添加物である為、

このような保存料が使われている
ドッグフードは避けるべきなのです。




副産物、ミールなどの「肉類」も避けましょう!


次に、肉類の部分です。

ペットフード 副産物、ミール、粉、パウダーと
表記されているドッグフードは
絶対に選ばないように
しましょう。


これらは、人が食べられないような
腐った肉であったり、

そういった物をレンダリングしたもの
で、
正直、何が入っているのか分かりません。



ビニールや病気になった家畜、
薬殺処分された家畜の肉といった
私たちが絶対に食べない粗悪な肉が
入っている可能性もあります。




穀類・野菜の添加物にも要注意!


その次は穀物類、野菜類の部分です。

犬 穀物類の項目では、
動物性油脂及びビートパルプと
記載のあるドッグフードは注意が必要
です。


動物性油脂とは、
肉骨粉を作る際に出る油分で、
酸化防止剤等が多く使用されています。


ビートパルプは大根の繊維のことで、
酸性の薬品が使用されています。



犬は、肉食のため
穀類の繊維を
上手に消化する事が出来ません



さらに、これらの薬品を
体に取り入れることになってしまいます。




食塩が入ったドッグフードも避けましょう!


ドッグフード 最後にビタミン類の部分です。

食塩と記載されている
ドッグフードも注意が必要
です。



犬は食塩をあまり必要としない動物です。


しかし、塩分や香料が含まれていると
食いつきが良くなる傾向があります。


その為、犬の健康にいい成分ではないのに
食塩を添加しているドッグフードも多いのです。



こういった原材料に着目し、
危険なドッグフードは避け、

愛犬に安心して与えることの出来る
ドッグフードを選択しましょう。