ドッグフード評判ランキング情報室







犬に必要な成分 愛犬の健康を守るために与えたい成分は

ポイント
犬に必要な成分は、

水、タンパク質、脂質、
炭水化物、ビタミン、ミネラル



これらの6大栄養素は、わたしたち人間と同じです。




飲み水 は、体温コントロールや、食物消化、
栄養素の運搬
といった事に使われています。



水の摂取は飲み水以外にも、
食物に含まれるものでも摂取しています。


必ず与えなければいけない量、
または与えすぎてはいけない量は
決まっていませんが、

犬が飲みたいと感じたときに
いつでも新鮮な水が飲めるようにしておきましょう。



タンパク質


タンパク質は犬にとっての主食。

エネルギー源であり、体を作る栄養素でもあります。


犬は12種類の必須アミノ酸があるため、
肉、魚、卵、大豆といった
さまざまな種類のタンパク源を
摂取出来るようにしましょう。



脂質


ドッグフード 脂質は、体を作る栄養素であり、
脂溶性ビタミンを運ぶ働き
があります。


そして、必須脂肪酸として、
リノール酸、αーリノレン酸、アラキドン酸があるため、
しっかりと摂取させましょう。



炭水化物


炭水化物は、糖質と繊維に分解し、
糖質はエネルギーになります。


しかし、犬は人間よりも
糖質の分解は得意ではないため、
少量与えるだけで十分です。



ビタミン類


ビタミン類は、犬の体の調子を整えてくれます。


犬に必要なビタミンは、12種類ありますが、
健康な犬にはビタミンCが必要ありません



また、水溶性ビタミンであれば、
少し与えすぎても大丈夫なのですが、

脂溶性ビタミンは
過剰摂取による害がある
ため、注意が必要です。



ミネラル


犬 最後に、ミネラルです。

これもビタミンと同じく、
体の調子を整えてくれる栄養素です。


犬に必要なミネラルは12種類ですが、
過剰摂取は害になる為注意が必要です。



愛犬の健康を守る為に、バランス良く
6大栄養素が摂取出来るような食事を与えてあげましょう。