ドッグフード評判ランキング情報室







犬用のおやつの選び方


ペットショップ等に行くと、

犬用のおやつは様々な種類がある事が分かります。



ペットのおやつ
しかし、

愛犬に与えるおやつは

何でも良いわけではありません。




というのも、

犬にとってあまり好ましくなかったり

有害な原材料が使用されている可能性があるためです。





犬のおやつに使われている材料で避けるべきものを

いくつか記載しますので、参考にしてください。




避けるべき原材料とは?



まず、

「肉副産物」という表記

がされているおやつです。


肉の副産物とは、

人間が食べることが出来ない部分を

砕いたり溶かしたりして出来上がった物です。





基本的には

犬にとって有害なものであり、

避けるべき原材料です。



次に、

着色料や人口香料

と表記がされている物です。


犬は色の判別が上手に出来ないため、

おやつに色をつける意味があまりありません。





また、天然の食材から作られたおやつであれば、

味やにおいもしっかりついているため、

香料をつける必要がありません。


ですから、わざわざ体に良くない

必要の無い物を使用したおやつを選ぶ必要はないのです。




そして、防腐剤や保存料などの

添加物の表記がされているおやつです。




言うまでもなく

保存料等の化学添加物は

体に良くありません。





添加物を取り続けることで、

血液に異常をきたすなど大変危険です。




糖分もダメ!!



最後に、

砂糖等の糖分が含まれるものや

高カロリーの物です。



犬は甘いものや

濃い味付けの物が大好きです。




そういった物をおやつとして与えることで、

ドックフードを嫌がって食べなくなる可能性もありますし、

糖分の取りすぎで糖尿病を引き起こす可能性もあります。






このように有害なものも多数存在するため、

原材料や原産地などは細かくチェックする必要があります。




また原材料だけでなく、

愛犬の犬種、年齢、体質、その他様々な要素を加味した上で

おやつを選択する必要があるので、

良く考えて一番良いおやつを選択してあげましょう。